Posted in スタッフブログ, 新着情報

エヴィス No1. SPECIAL 黒耳の色落ちとネジレ

掲載日2011 年 7 月 21 日

今回、ご紹介するのはエヴィスジーンズNo1スペシャルです。No1はNo2とは生地が違いますNO1は生地は織る前に糊をかけて織った生地で、防縮加工がされていません。”LEVIS 501”が正にこれと同じです。この生地の大きな特長は、防縮加工がされていないので、新品の糊の付いた状態(リジット)から洗濯すると約10%も縮んでしまうので、洗濯後に裾上げをしないとたいへんなことになってしまいます。なので、正規店では洗濯後しか裾上げをしてくれません。縮みも大きいですが、穿いていると伸びてくるのも特長です。



次の大きな特長は”ネジレ”です。洗濯すると生地がこんなにネジレテしまいます。本来、モモの横にくるサイドシーム(耳の部分)が足の正面にきてしまいます。ヴィンテージジーンズのファンはこのネジレが好きな人が多いいんデス。色落ちも、No2とは確実に違います。もし、エヴィスジーンズを初めて購入する方でNo1.とNo2のどちらかを悩んでいる方がいたら、高価なものですが、No1をオススメ致します。もしNo2を先に購入したらきっとNo1も欲しくなると思いますから・・・私がその一人デス・・・厚さは14.5ozの右綾デス。NO1にもいろいろな生地がありますが・・・・





数年前まで販売されていたこの”黒耳”は特にネジレが強いとエヴィスマニアのアイダで云われています。






同じNo1.SPECIALですが左側が”黒耳”です。黒耳の方がネジレが強いのが判ります






裾の部分の画像ですが、最初の頃、裾を折って(ロールアップ)穿いていましたが、折っていた部分が擦れてキズになっています。コレだけ縮みました(約5cm位)。






ヒップ部分です。ペイントは紅白でしてもらいました。






タブは赤タブで”EVISU”です







ヒップポケットもイイ色落ちをしてきています。






私は洗濯回数が多いいのでパッチも縮んでプリントも読めなくなっていまってます。







シンチベルトを留めてあるリベットは”YAMANE”の刻印のあるリベット。







ヒゲも少し出てきていて、テテオチもイイカンジになってきています。このゴツゴツしたカンジの色落ちはNo1の特長です。ちょっと高価ですが、1本は持っていたいジーンズです。






縮みが大きいので、バッカリング(生地と生地の縫い目)もゴツゴツしてイイアジを出しています。やっぱりNo1はカッコイイです。





QRcode:8292

ケータイでもこのページをご覧いただけます。
このページのQRコード→





デジコム